大人の時計の使い方!?シーン別の時計選び

仕事の時に使う時計は革ベルトのもの

仕事の時に使う時計として気を付けなければいけないのは、まず仕事で関わる人たちにどう見られるかということです。普段からスーツを着て入る人の場合、あまりカジュアルすぎるもの、スポーティなものは避けるのが一般的です。年齢にもよりますが、白盤に黒文字で落ち着いたデザインの革ベルトの時計であれば、信頼できる人に見え、落ち着いた雰囲気が演出できるといます。ブランドはSEIKOやシチズンなどから始めるのがベターです。

カジュアルな場面では

カジュアルな時計で、まず思いつくのはCASIOのG-SHOCKではないでしょうか。スポーツ時の衝撃にも強く、また水に濡れても気にしなくて良いなど、使い勝手は良いと思います。その他にも2015年にブームになったDW(ダニエルウェリントン)はカジュアル使いにもオススメできます。スウェーデンの発祥のこのブランドは、シンプルな文字盤と可愛い数種類のベルトを付け替えられることで流行しました。セレクトショップでも買えるところが良いところの1つでもあります。

シーンごとに時計を変えるということ

時計を数種類持って、その場面、場面を考えて選ぶのは人によってはとても面倒なことのように思えるかもしれません。ただ、慣れていくと服を決めることと同じような感覚で楽しめるようになると思います。人からはなかなか気付かれない部分ではありますが、自分だけのこだわりを持って暮らすのはハリがあっていいものです。上級者になると、シーンの他に季節や時間帯などでも時計をチョイスしています。ここまでいくと楽しくなってくると思います。

タグ・ホイヤーは、スイスの高級時計、その中でもとりわけスポーツウォッチの有名店です。その精工さ、精緻さが認められ、今ではモナコグランプリのオフィシャルタイムキーパーの役目を持っています。

Comments are closed. Posted by: admin on