特別な日の食事! こうやって楽しめば充実します

まずは予約を考えよう

結婚記念日など、特別な日のディナーとしてまず思い浮かぶのは、特別なお店の利用ではないでしょうか。「特別なお店」とは、高級な飲食店とは限りません。思い出のあるお店など、金額や料理のジャンルで限定されるものではないのです。どのようなお店を利用するとしても、可能であれば予約を入れておきましょう。予約をせずに出かけて、混雑のために待ち時間が発生すると残念だからです。予約を入れるタイミングは、遅くとも2週間ほど前までには済ませるとよいでしょう。

相手のリクエストを聞くのもいい

特別な日のディナーをどこでとるか。とても大切な決定ですよね。候補となるお店が複数思い浮かんで(あるいは、まったく思い浮かばずに)困ったり、店選びにある程度のサプライズを演出したいとも思うかもしれません。あれこれと考える時間も楽しいものですが、ここはディナーに参加する相手からリクエストを聞いてみるのもひとつの手です。お店は必ずしも高級店である必要はありません。相手のリクエストに応じるのも特別なディナーにふさわしいのです。

みんなで調理するのもOK

特別な日のディナーというと、飲食店での食事を思い浮かべるかもしれません。しかしここで重要なのは、「誰とディナーをともにするか」ではないでしょうか。どの店を使うかが最優先でないなら、自宅でいっしょに調理するところから始めるのも特別なディナーになりうるのです。楽しい時間の共有こそが「特別なディナー」であるとするなら、必ずしも高級な食材を使う必要はありません。好きなメニューをいっしょに作って食べる。他人からは平凡に見えるかもしれないディナーでも、立派な「特別な日のディナー」になるのです。

誕生日や結婚記念日など、バートナーとの大切な記念日にはディナーに行くのが一般的だと言えます。記念日のディナーの定番は、フランス料理やイタリア料理、ダイニング居酒屋などが人気となっています。

Comments are closed. Posted by: admin on