自宅でもっと和菓子を楽しめる裏技を教えます

和菓子のおすすめの保存方法は冷凍!

和菓子が残ってしまった時は、どんな風に保存していますか。常温で置いておいたら、お餅が固くなってしまった、とか、お饅頭がぱさぱさになってしまった、という経験を持つ人もいることと思います。お饅頭や餅菓子の保存方法としておすすめなのは、冷凍保存です。ひとつひとつをラップに包み、ジッパー袋や保存容器に入れて冷凍庫に入れておきましょう。食べる時は自然解凍すれば、美味しく食べられます。また、たい焼きや大判焼きも冷凍保存ができます。自然解凍した後に、電子レンジやオーブンスターで温めれば、焼きたてのような香ばしさを楽しめます。

色んな飲み物と合わせると楽しさがアップ!

和菓子に合わせる飲み物といったら、抹茶、煎茶、ほうじ茶、玄米茶といった日本のお茶が定番です。和菓子と日本茶は寛ぎのひとときに嬉しい組み合わせですが、さらに和菓子を楽しみたい人には、日本茶以外と合わせてみるのもおすすめです。コーヒーは、特にあんこを使ったお菓子と相性が良く、コーヒーと和菓子を組み合わせて提供しているお店もあります。また、烏龍茶やジャスミン茶などの中国茶と合わせても、和菓子を美味しく味わえます。

季節感ある演出でお茶の時間をさらに素敵に!

和菓子を食べる時の空間づくりも、お菓子の印象に大きな影響を与えます。和菓子には季節感のあるものが多いので、四季の草花と合わせて提供すると、お茶の時間が彩り豊かになります。春には桜、夏には紫陽花や朝顔、秋には紅葉。日本ならではの季節感を伝えるものを選ぶといいですよ。また、お菓子の皿の下に和風のテーブルマットを敷くと、ぐんとおしゃれな印象になります。テーブルマットがない場合は、和紙を使うのもおすすめです。

ずんだ餅は東北地方の郷土菓子で、枝豆を茹でて薄皮を剥きつぶした餡に砂糖を混ぜて餅にまぶして作ります。

Comments are closed. Posted by: admin on