食卓で楽しめる!おすすめの東京土産3選をご紹介

ご飯のおともにぴったりの佃煮

ご飯のおともとして全国で愛されている佃煮は、東京都中央区の佃島で作り始められたことから、その名前が付いたと言われています。そのため、東京都内には沢山の佃煮を扱うお店があります。伝統的な製法では濃いめの味付けですが、味の好みの変化や健康志向に合わせて、薄味の佃煮を販売しているところもあります。昆布、あさり、あみ、えび、などが人気のある種類です。白いご飯に乗せたり、おにぎりの具にしたり、お茶漬けにしたり、と幅広い楽しみ方ができる佃煮は、おすすめの東京土産のひとつです。

うどんや蕎麦の美味しさを引き立てる七味唐辛子

うどんや蕎麦を食べる時に使う七味唐辛子は、京都の名物としても有名ですが、日本では東京の薬研堀で作られたのが最初だと言われています。東京には、伝統的な製法を受け継ぐ七味の専門店がいまも残っています。お土産用には、ひさご型やたる型などの洒落た容器をセットにして贈るとよいでしょう。辛いのが苦手な人でも食べやすいように、辛さを控えた七味唐辛子も販売されています。うどんや蕎麦に掛けて、また、料理のアクセントとして、大活躍の七味唐辛子を、ぜひ東京土産に選んでくださいね。

自宅で独特の味を再現できるもんじゃ焼きセット

東京ならではのB級グルメと言ったら、なんといっても、もんじゃ焼きでしょうか。独特の食感、癖になる風味が特徴のもんじゃ焼きを自宅で再現できるセットが販売されていて、お土産にも人気となっています。お好み焼き粉ならぬ、もんじゃ焼き用のミックス粉に加えて、ソースや具材までセットになっていて、誰でも手軽にもんじゃ焼き作りにチャレンジできるセットです。インパクトのある、遊び心ある東京土産としておすすめですよ。

イタリア語で小さい鐘という意味があるみたいです。教会、お寺の鐘のほかに鈴や風鈴もカンパネラと呼ぶそうです。

read more
東京の土産の記事
Comments are closed. Posted by: admin on