使ってこそ意味がある!機械式時計の基本的なメンテナンス

機械式時計は高級品だが…

精密な部品の集合体である機械式時計は、高級装飾品として珍重されています。中には途方もない価値を持ったモデルまで発売されており、そうした高額な機械式時計を末永く鑑賞したいという気持ちに駆られてしまいますが、場合によってそうした意識は逆に機械式時計を大きく傷めてしまうことにもなりかねません。機械式時計は適切な方法で保存と保管の処理を行っていない場合、使用しない状態を長期間継続させていると、それだけで故障を惹き起こして価値を大きく落としてしまうことになりかねないのです。

機械式時計を長持ちさせたいのなら、まず使ってみる

機械式時計内部の部品に塗られている潤滑油は、部品の駆動を円滑に進めるだけでなく、部品に皮膜を作って長期間汚れや錆びなどから守ってくれる役割を果たします。その潤滑油を部品全体に行きわたらせるためには、実際に部品を動かす以外に方法はありません。つまり、機械式時計を長持ちさせたいのであれば、最初に機械式時計を使用しなければならないのです。使用せずにいると潤滑油が行き渡らないばかりか、潤滑油が固化してしまい、逆に故障の原因にもなってしまいます。

日々ゼンマイを巻くことが基本的なメンテナンス

機械式時計をまず使用して内部の部品に潤滑油を行き渡らせることが、一番最初の大事なメンテナンスということになります。実際に機械式時計を動かすにあたって必要になることはゼンマイ巻きであるため、即ち日々のゼンマイ巻きが機械式時計を長持ちさせる基本的なメンテナンスだということになります。多くの人が高級品を一番最初に使用する際に大きな抵抗を感じてしまいますが、機械式時計の場合は実際に使用することがその価値を高める場合もあります。しっかりと心得て日々使用したい所です。

グランドセイコーは、メンズ、レディースどちらの時計も販売しています。レディースの時計では、ダイヤモンドを散りばめた煌びやかなモデルも人気です。

グランドセイコーの価格はココ
Comments are closed. Posted by: admin on