愛用するなら常に手入れを!機械式腕時計のガラスクリーニング

お気に入りになればなる程汚れ易く・・

ビジネスやフォーマルのシーンに活用する機会がどうしても多くなる機械式の腕時計。そうでなくともゼンマイ巻きを始め手に取ってメンテナンスをする機会が多く、その際うっかり文字盤のガラスを皮脂だらけの手指で触り汚してしまうケースも多くなりますよね。高級腕時計の品位やルックスを清潔かつ美しく保つ為にも、まずはまめに文字盤のガラスをクリーニングし艶のある美しい状態に保ってやるのがオーナーとしての責務でしょう。方法はごく簡単、気付いたら即磨き上げてあげましょう。

金属用の目の細かなクロスで磨き上げる

文字盤ガラスやその周囲の金属外装における軽度な皮脂汚れであれば、目の細かな金属用クロスやポリッシャーで丁寧に磨き上げてやる事により、腕時計は元の輝きを取り戻してくれるでしょう。素材はギターやアクセサリーの艶出しでも良く使われるセームクロスがベスト。細かな部位にも柔らかな生地がくまなく行き届いてくれ、磨き残しがありません。緊急時なら目の細かな一般のハンドタオルでも可能なものの、生地のほつれがリューズ等の突起物に引っ掛かり破損させてしまう恐れもあり、あまりお勧めは出来ません。

ガラスの縁の細かな部位には綿棒も有効

きめ細やかなクロスで磨いても、ガラスの縁に当たる微妙な凹みに対しては届かず歯がゆい思いをするケースもある事でしょう。そんな時は強引にクロスを突っ込むのは止め、先の細い綿棒を用意しガラスの円周をなぞる様に拭き上げてゆくのがベストです。力を入れ過ぎると綿棒の先が潰れ思う様な効果を発揮してくれませんから、あくまで軽い力で。しつこい皮脂汚れはむしろ回数を重ね少しづつ落としてゆくつもりで取り組むと、良い結果が得られるでしょう。

オーデマピゲは、世界中に多くのファンを抱える時計メーカーのひとつであり、数百万円以上の高価格帯のアイテムにも人気があります。

オーデマピゲのロイヤルオークが見つかる
Comments are closed. Posted by: admin on